自由遊戯黙示録

フリーゲーム/インディーズゲームをディープに語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

特攻空母ベルーガ:マイコン時代の申し子達

かつてパソコンが、「パソコン」ではなく、「マイコン」と呼ばれていた時代があった。

1970年代末期から1980年代にかけて、日本国内ではNEC社「PC-8000」シリーズや、シャープ社「MZ」「X1」シリーズ、海外ではアップルコンピュータ社「Apple II」、コモドール社「Commodore64」などといった8bitパーソナル・コンピュータが全盛を極めていた。

当時はオペレーティング・システムをはじめとする各種ソフトウェアはまだ広く普及しておらず、コンピュータの利用者はコンピュータに内蔵されたBASICインタプリタを使用し、利用者自身でプログラミングを行わなければならなかった。

そのような状況を支えたのが、各種マイコン雑誌の存在である。
特に代表的な雑誌である『マイコンBASICマガジン』誌においては、ゲームを中心に様々なプログラム・リストが掲載されていた。
読者はリストを自分の手で入力していく中でプログラミングを学習し、ゲームに改良を加えるなどの工夫を凝らすこともできた。
そうしてプログラミングを学んだ読者が雑誌に新たにゲーム・プログラムを投稿し、それが紙面に掲載される、というサイクルを生み、時には紙面上でエラーを添削されるといったこともあった。

また当時、複数の企業がコンテストを開催するなどして有志からプログラムを募っていた。
中でも、スクウェア・エニックス社『ドラゴンクエスト』で著名な堀井雄二や中村光一といった人物が、当時開催されていたエニックス社主催のプログラムコンテストにゲームを投稿しており、これをゲーム・クリエイターとしての出発点としている事が良く知られている。

1980年代の雑誌・コンテストを中心とした”投稿ゲーム”の文化は、現在までの自主製作ゲームの生い立ちに大きな影響を与えており、またゲーム開発者の育成という観点からも強い注目を集めている。



いささか前置きが長くなった。

そんなマイコン当時の雰囲気を思わせる作品が、2007年末に発表されている。
ローレゾ25周年記念作品と銘打たれたそのゲームの名は『特攻空母ベルーガ』。

beluga_00.jpg

本作の作者である松島徹は、当時中学生にしてナムコ社『ゼビウス』のPC-6001移植版である『タイニーゼビウス』を開発・投稿したという、まさにマイコン時代の申し子と言うべきいわくのある人物である。


『特攻空母ベルーガ』は人型機動兵器を操作する横スクロールタイプのシューティング・ゲームである。
敵基地の奥深くにある防御システムを破壊するのがゲームの目的となる。
自機となる人型機動兵器には、次のような多彩な武装が搭載されており、これらを使い分け、様々な方向から襲ってくる敵を撃退していく。

beluga_01.jpg
・ツインショット(通常ショット)

beluga_02.jpg
・3wayビーム(方向ボタン後ろ+ショット)

beluga_03.jpg
・対地ボム(接地中に方向ボタン下+ショット)

beluga_04.jpg
・対空砲火(接地中にショット)

beluga_05.jpg
・アームパンチ(ショット溜め撃ち)

このうち、アームパンチは防御システムのバリアを一時的に停止できるほか、防御システムの心臓部に唯一とどめを刺すことが出来る重要な武装となっている。

beluga_06.jpg
・「敵BASE接近 突入せよ」アームパンチで活路を開け!

また途中、敵UFOに捕獲された友軍ヘリが登場することがあり、ヘリを救出することでパワーアップアイテムを取得することが可能だ。

beluga_07.jpg
・友軍ヘリを誤射しないように注意せよ

ゲームの見た目こそレトロだが、「方向ボタン+1ボタンの簡単操作で多彩な武装を繰り出し、状況に応じて使い分ける」というシステムは現代のゲームにも通じる内容だといえる。
もし本作が”当時”に発表されていたとしたら、非常に先進的なゲームとして評価を受けたのではないだろうか、と想像せずにはいられない。
この新旧のギャップこそが『ベルーガ』の魅力と言ってもよいだろう。

更に、『特攻空母ベルーガ』の驚異的な点として、『ベルーガ』のプログラムがPC-6001擬似環境上に構築されている、という点が挙げられる。
この事が何を意味するのかというと、”『ベルーガ』がPC-6001の実機上でも動作しうる”ということであり、実際に「西田ラヂオ」により『ベルーガ』PC-6001用カードリッジの製作が行われた
松島氏は先述の『タイニーゼビウス』のみならず、過去に有限会社るつぼゲームズにおいて数々の業務用ビデオゲームの移植を手掛けており、そこで培われた技術力と”移植魂”ともいうべきこだわりを垣間見ることができる。


マイコンブームの頃、筆者はまだこの世に生を受けているかどうかと言った時分であり、筆者には当時の事は様々な資料を追った上で測り知ることしかできない。
物心ついた頃から自宅に家庭用ゲーム機が存在し、ビデオゲームを”与えられて”育った身には、ゲームを作るということが果たしてどういうことなのか、判りにくく感じることもある。

しかし、現在フリーゲーム作家として活動している人物の中にはマイコンブームを経験してきた人々が少なくないことを顧みるに、
「ゲームを作ること」と「ゲームを遊ぶこと」がほぼ等価で結び付いていた時代が、そこには確かに存在していたのだと―――そんな想像をするのである。

[特攻空母ベルーガ:マイコン時代の申し子達]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:無料ゲーム紹介 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/11/27(木) 22:48:41|
  2. フリーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディアドラエンプティ:風の果て、空の果て

どうやら筆者という人間は、”空への情景を描いたシューティング・ゲーム”というものに滅法弱いものらしい。
過去に当blogにて取り上げた中嶋静六『cloudphobia』や橙汁『スグリ』、また記事として取り上げてはいないもののY.ABE『電子鳥』などの作品には大層心動かされてきた。

そして今回取り上げる作品もまた、そうした”ソラ”へ連なる作品のひとつである。

ふろーずんおーぶ『ディアドラエンプティ』。

diadra_00.jpg

[ディアドラエンプティ:風の果て、空の果て]の続きを読む

テーマ:無料ゲーム紹介 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/11/15(土) 02:32:00|
  2. 同人/インディーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Cactus:サイバネティック潮流

2005年以降、ちょうど『洞窟物語』が公開・英訳されたことに呼応するかのように、海外でフリーゲーム・インディーズゲームが急速に注目を浴び始め、活気を見せている。

TIGSourceやIndieGames.comなどの専門blogがいくつも開設され、新作情報が伝えられるようになり、ゲーム・プレイヤー達の情報交換の場となると共に、作品を探す為のデータベースとなっている。
また、MultiMedia Fusion(Click&Create)やYoYo GameMakerなどのゲーム製作ツール、各種コンペティションや開発フォーラムの発展も見逃すことのできない点のひとつである。
インディーズゲームの祭典であるIndependent Games Festivalでは、入賞作品が家庭用ゲーム機のダウンロード販売用ゲームとして採用される程にまでなった。

そうした状況の中、若く、才能溢れる開発者が海外から続々と登場している。
このような海外のインディーズ・ゲーム・クリエイター達の中でも急先鋒といえるのが、Jonatan Soderstromこと"Cactus"だろう。


彼の名前を一躍知らせしめたのが、SHM-UP.dev Autofire Competition 2007において大賞に輝いた縦スクロールシューティングゲーム、『Clean Asia!』である。

cleanasia_00.jpg
・『Clean Asia!』

『Clean Asia!』は人類に叛旗を翻した眼(まなこ)に対し、2人の超能力兄弟がアジア各地を転戦する縦スクロール型のシューティングゲームである。

cleanasia_01.jpg
・「まなこをうちとる。きよつけてくたい」

『Clean Asia!』では「ATTRACTOR」と「REFLECTOR」の2種類の機体を選ぶことができる。
「REFLECTOR」は一般的な2Dシューティングゲームと同様、ショットと緊急回避武器で構成されているが、もう一方の「ATTRACTOR」は非常に特徴的な攻撃手段を持っている。
その一部始終をご覧いただこう。

cleanasia_02.jpg
・問題の機体「ATTRACTOR」とそのパイロット

cleanasia_03.jpg
・まずは体当たりで敵を粉砕

cleanasia_04.jpg
・破片を吸引して…

cleanasia_05.jpg
・発射!

このように、シューティングはシューティングでも「投げる」シューティングに変貌してしまう。
ビジュアルとサウンドが醸し出す強烈な雰囲気に意識を奪われがちだが、プレイのバリエーションにも幅のある一粒で二度おいしい作品となっているのである。


この他にもCactus作品に着目してみると、線や図形で構成されたアブストラクト・グラフィックスに加え、一種独特のサイケデリックさを含んだビジュアルがCactus作品に共通する特色と言える。

mondo_00.jpg
・一人称視点のアドベンチャーゲーム『Mondo Agency』

xwung_00.jpg
・振り子を使って敵を倒す全方位アクション『xWung』

また、Cactusがハイペースで作品を生み出し続けている点も見逃すことが出来ない。
Webサイトにて公開されているだけで20本以上のタイトルがあり、IndieGames.comが行った、ジャンルごとのベストフリーゲームを決める「Best-Of Features」の2007年版ではCactus作品単独でのランキングが組まれていた程である。
こうした作品群は「Cactus Arcade」をダウンロードすることでまとめてプレイすることができる。

更に、彼の新しいゲームはWebサイト内に設けられたフォーラムで逐時公開され、一度作品が公開されると、それを遊んだプレイヤー達によって感想や意見が次々と書き込まれている。
ネットワークを介して日々作品が生まれ、その場で即座に作品についてのやり取りが発生していくという一種のライブ感は、フリーゲームにおいてのみ味わうことのできる感覚のひとつといえる。

precision_00.jpg
・『Precision』。フォーラム内で公開された作品のひとつ

Cactus、ならびに海外のフリーゲーム界隈はなおも発展を続けており、今後の動きが注目されるところである。

[Cactus:サイバネティック潮流]の続きを読む

テーマ:無料ゲーム紹介 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/11/02(日) 14:48:36|
  2. フリーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Tacashi

Author:Tacashi
E-Mail:tacashi11@hotmail.com
ゲームを通じることでしか言葉を紡げない不器用な男

"but, I'm still a gamer."

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーゲーム関連リンク

Vector
窓の杜
フリーソフトで面白いゲーム まとめページ保存版
フリーソフトで面白いゲーム まとめサイト (frgm.jp)
PCで出来る2Dシューティング(STG)総合スレまとめページ
おまえら土日までに一本ゲーム作るスレ - ほぞんサイト
ふりーむ!
フリーゲーム夢現
ケセラセラ
サニーガール
フリーソフト超激辛ゲームレビュー
newStage
同人ど~らく
Acid-Play
Freeware Games.net
Fullgames.sk
Lithium Leaf
the2bears.com
TIGsource
IndieGames.com - The Weblog
IndieFAQs

月別アーカイブ

ブログパーツ

あわせて読みたい




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。