自由遊戯黙示録

フリーゲーム/インディーズゲームをディープに語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CardWirth:テーブルトークの帰還

テーブルトーク・ロール・プレイング・ゲームをご存知だろうか?

日本ではスクウェア・エニックス社の『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』に代表されるようなコンピュータ・ロール・プレイング・ゲームが先立って発展したため、あまり広く知られてはいないが、
元々のロール・プレイング・ゲーム(RPG)とは、審判役となる「ゲームマスター」と、幾人かのプレイヤーでテーブルを囲み、紙とペン・サイコロを片手に各々が演技(ロール・プレイ)を行って楽しむ「テーブルトーク」スタイルのゲームであった。
テーブルトーク・ロール・プレイング・ゲームでは、ゲームマスターとプレイヤーの会話や、サイコロの女神の気まぐれによって偶然に、そして柔軟に話が移り変わってゆく。
そうしたテーブルトークRPGの面白さをコンピュータ上に再現しようと、ゲームマスターをコンピュータに置き換えたコンピュータRPGが開発されたのである。

しかし時代が進み表現方法が発達するにつれて、特に日本国内においてコンピュータRPGはいつの間にか漫画やアニメのように物語を楽しむための媒体として認知されるようになった。
"role playing"という言葉の意味は、次第に形骸化していったのである。

ところが今度は、そうしたコンピュータRPGの本末転倒さを払拭する作品が現れた。
『CardWirth』である。

cardwirth_00.jpg



ストーリー媒体としてのコンピュータRPGにおいて、物語の主人公は時としてプレイヤーとは独立して動く存在である。
対して『CardWirth』では、主人公はプレイヤーが作成するキャラクターであり、ゲーム中の行動の判断もプレイヤー自身にゆだねられている。
『CardWirth』は正しい意味で「役割を演じる」ロール・プレイングだといえる。

cardwirth_01.jpg
・自分の分身となるキャラクターを作成。命名に悩むのはお約束

cardwirth_02.jpg
・旅の仲間を集め、酒場で依頼を受ける

cardwirth_03.jpg
・どう行動するかはあなた次第

『CardWirth』では、キャラクター、モンスター、アイテム、魔法といった様々な要素はカードの形に集約されている。
カードのシャッフルによって生じる偶発性は、テーブルトークRPGにおいてサイコロを振って様々な判定を行う際の偶発性と良く似ており、テーブルトークRPGを遊ぶ感覚を見事に再現している。

cardwirth_04.jpg
・商店でカードを購入。傷薬と毒消しは冒険者の嗜み

cardwirth_05.jpg
・戦闘ではカードを繰り出して戦う。時として欲しいカードが出てこないことも…


そして、何と言っても『CardWirth』最大の特徴はシナリオを製作できることにある。
『CardWirth』は、元来プレイヤーとなってプレイするだけであったコンピュータRPGに、テーブルトークRPG独自の概念であり、物語の仕掛け人である「ゲームマスター」としての視点をも取り入れた。

このシナリオ作成機能によって星の数ほどのシナリオが作り出され、シナリオを製作し公開するゲームマスター達と、新たなシナリオを求めるプレイヤー達が結びつき、一大コミュニティが形成された。
そうしたコミュニティの活動はプログラム本体の更新が終了した今なお続いている。


テーブルトークからコンピュータへ向かい、時を経て漫画やアニメのように物語を楽しむための媒体になったロール・プレイング・ゲームは、『CardWirth』においてコンピュータからテーブルトークへと再び帰ってきたのである。
それは本来の意味が失われ、最も不自由なビデオゲームのジャンルとなったロール・プレイング・ゲームが、長い旅路の果てにその意味を取り戻した劇的な瞬間に他ならない。



・関連リンク
GROUP ASK WEBSITE
http://www.ask.sakura.ne.jp/

groupAsk official fansite
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/

CardWirth - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/CardWirth

スポンサーサイト

テーマ:無料ゲーム紹介 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/06/13(水) 21:46:45|
  2. フリーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<roguelikeの夕べ:最も古く、最も奥深く | ホーム | cloudphobia:自由の在り処>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://frgrgnd.blog99.fc2.com/tb.php/22-a187409e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tacashi

Author:Tacashi
E-Mail:tacashi11@hotmail.com
ゲームを通じることでしか言葉を紡げない不器用な男

"but, I'm still a gamer."

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーゲーム関連リンク

Vector
窓の杜
フリーソフトで面白いゲーム まとめページ保存版
フリーソフトで面白いゲーム まとめサイト (frgm.jp)
PCで出来る2Dシューティング(STG)総合スレまとめページ
おまえら土日までに一本ゲーム作るスレ - ほぞんサイト
ふりーむ!
フリーゲーム夢現
ケセラセラ
サニーガール
フリーソフト超激辛ゲームレビュー
newStage
同人ど~らく
Acid-Play
Freeware Games.net
Fullgames.sk
Lithium Leaf
the2bears.com
TIGsource
IndieGames.com - The Weblog
IndieFAQs

月別アーカイブ

ブログパーツ

あわせて読みたい




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。