自由遊戯黙示録

フリーゲーム/インディーズゲームをディープに語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GearHead:鋼に宿る生き様

荒くれ者には、勇者が剣と魔法で魔王を倒す御伽噺じゃ物足りない。
もうずっとこんな世界を待ち望んでいた。

『GearHead』(ギアーヘッド)は、超重量級歩行ロボット”メック”を駆って世紀末を戦うサイバーパンクroguelikeゲームだ。

gearhead_00.jpg



戦闘用ロボットが”メック”(原語では"mecha")と呼ばれていることからも判るように、『GearHead』の戦闘システムは『BattleTech』をはじめとするボードゲームから多大な影響を受けている。

例えば、森林や高台などの地形がある。
森林では視野が通りにくく、爆弾などが爆発すれば火が付き煙が発生する。
高台の上では見通しが良く攻撃の狙いがつけやすい。
などの特徴があり、地形を駆使して戦うことが重要な要素のひとつとなる。

戦闘の主役となるメックは人型、動物型、戦車型など様々なタイプがあり、それぞれ異なる特性を持つ。
また、メックは胴体・頭・腕・脚などのパーツに分かれ、それぞれが部位に合わせた機能を持っており、戦闘では特定のパーツを狙い撃ちすることができる。
これを使い、敵の脚を狙って破壊して相手を転倒させる、といった戦法を取ることが可能となっている。

装備することができる武器も、レーザー砲、粒子砲、マシンガン、磁力銃、ミサイル、ビームソードなど選り取り見取り。
更に、そうした武器やパーツ類は商店で購入するだけでなく、倒した敵メックの残骸からパーツを回収して自分のメックに装着することができる。
敵から入手したパーツをそのまま取り付けるのか、それとも売り払って換金し、別のパーツや最新鋭メックの購入費用に当てるのか、はたまた修理代や弾薬費にして次の戦いに備えるのか。
ゲーム全編を通して金銭を何に使うかがなんとも悩ましい。

gearhead_01.jpg
・高台から狙撃!頭を射抜いて敵のセンサーを潰せ

gearhead_02.jpg
・拡散ミサイル、全段発射!複数の敵機を一網打尽に

gearhead_03.jpg
・煙幕を張って目を眩ませつつローラーダッシュで接近、ビームソードで強襲!

gearhead_04.jpg
・愛機をカスタマイズ。ロボット好きの男子にはもうたまらない

『GearHead』はメックによる戦闘だけでなく冒険も充実している。
プレイヤーは戦争で荒廃した後の近未来世界で、メックを中心とした生活を営むことになる。

企業戦士としてライバル企業との抗争に明け暮れる、
アリーナ(闘技場)で最強のパイロットを目指して戦う、
武装を固めて一匹狼の賞金稼ぎとなる、
頭を丸めてカンフーに励み肉体の限界を極める、
日夜怪しいメカを作りまくるエンジニアになる、
路上ミュージシャンからオリコンチャートを目指す、
世界中に点在する旧世紀の遺跡を探索する、
スリや強盗を繰り返し悪党として名を馳せる。

そうした様々な生活を「スキル」の習得による成長が演出する。
「スキル」は経験値を消費することで新たに習得・成長させられるほか、普段から「スキル」を利用することでも成長する。
そして「スキル」が成長すれば、スキルを利用する際にボーナスが得られる「タレント」の習得が可能になり、自分のキャラクターがより個性的なものになっていく。

gearhead_05.jpg
・電子ロック式の財布を発見。持ち主を探して届ける?それとも鍵を破ってネコババ?

gearhead_06.jpg
・洞窟を探検。核戦争の後遺症たるバイオ・モンスターが闊歩している

gearhead_07.jpg
・スキルは大学で学ぶこともできる。授業料?メックで稼げ!

他にも面白いのが「負け犬」の存在だ。
プレイヤー・キャラクターの体力がゼロになった場合、病院に担ぎ込まれて復活という形をとる。
しかし復活によってキャラクターの名声が低下し、頻繁に野たれ死んでいれば「負け犬」の烙印を押されることになる。
敵メックにやられて依頼に失敗、メックは大破、おまけに評判がガタ落ちともなれば正に「負け犬」。
さらに追い討ちをかけるように、その「負け犬」には「汚い仕事」が押し付けられたりするのである。
近年の日本では勝ち組・負け組の論争が頻繁に行われるようになったが、それをゲームに取り入れるという着眼点はあまりにも鋭く、先進的と言わざるを得ない。

gearhead_08.jpg
・なんだって下水道掃除なんか…

一応、旅の目的が無いわけではなく、『GearHead』にも一般的なコンピュータRPGと同様にメインストーリーと最終ボスが存在している。
しかしメインストーリーを無視して冒険をしていてもかまわないし、最終ボスを倒した後であっても冒険を続けることが出来る。
またそのメインストーリーにしても、結末こそ1つだが、そこに至るまでの過程はキャラクターの生い立ちや行動によって様々に変化するようになっている。


roguelikeゲームの常としてシステムが複雑であり、『GearHead』特有の自由度も合いまってゲームを始めたての時は何をして良いのかが分かりにくく、取っ付きの良いゲームとは言いがたい。
また、他のroguelikeゲームと比較して迷宮があまり複雑でないなど、roguelikeとしての要素はやや弱い。
なにより『GearHead』は西洋中世ファンタジー風の世界観のゲームが多いroguelikeゲームの中において異色の存在だ。

しかし「戦闘ロボットで戦う」「戦闘ロボットをカスタマイズする」だけでなく、「戦闘ロボットで生活する」という点が他のコンピュータRPGやロボットアクションゲームに無い深みを与えている。
『GearHead』には世紀末世界の日常があり、ありとあらゆる生き様がある。

そして、その生き様を決め、物語を形作っていくのは他ならぬ己自身なのだ。
これが面白くないわけが無い。


現実生活でチョコレート・バーを買い求めるようになったら、もう一丁前のメック戦士である。



・関連リンク
GearHead RPG
http://www.gearheadrpg.com/

GearHeadを日本語化しようよ(仮)
http://www.geocities.jp/l0ugh/gearhead/index.html

The Labyrinth of I18N GearHead-1, and Japanized Message Data
http://www.fenix.ne.jp/~G-HAL/scribble/gearhead/

gearhead日本語スポイラー
http://www22.atwiki.jp/gearhead234/

スポンサーサイト

テーマ:無料ゲーム紹介 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/06/26(火) 00:10:44|
  2. フリーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<X Operations:一人称視点射撃への挑戦 | ホーム | roguelikeの夕べ:最も古く、最も奥深く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://frgrgnd.blog99.fc2.com/tb.php/24-3096442c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tacashi

Author:Tacashi
E-Mail:tacashi11@hotmail.com
ゲームを通じることでしか言葉を紡げない不器用な男

"but, I'm still a gamer."

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーゲーム関連リンク

Vector
窓の杜
フリーソフトで面白いゲーム まとめページ保存版
フリーソフトで面白いゲーム まとめサイト (frgm.jp)
PCで出来る2Dシューティング(STG)総合スレまとめページ
おまえら土日までに一本ゲーム作るスレ - ほぞんサイト
ふりーむ!
フリーゲーム夢現
ケセラセラ
サニーガール
フリーソフト超激辛ゲームレビュー
newStage
同人ど~らく
Acid-Play
Freeware Games.net
Fullgames.sk
Lithium Leaf
the2bears.com
TIGsource
IndieGames.com - The Weblog
IndieFAQs

月別アーカイブ

ブログパーツ

あわせて読みたい




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。