自由遊戯黙示録

フリーゲーム/インディーズゲームをディープに語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さめがめ:語られることなき偉業

『さめがめ』。

その名はフリーゲームを探したことのある人間ならば、誰しも一度はお目にかかっているであろう。
もはや定番過ぎて語られることすら無いフリーゲーム定番中の定番である。
しかし、フリーゲーム全体を歴史的な視点で紐解いていくのならば、ある偉業を成し遂げたフリーゲームの究極形のひとつだと断言することができる。

『さめがめ』の原型は1985年に森辺訓章こと"もりすけ"氏が公開した『ChainShot』で、改良を加えられて1992年にUNIXやPC-98で『SameGame』となって発表された。
『さめがめ』の名はタイトルのsame game(セーム・ゲーム)をローマ字読みしたものが由来である。

samegame_00.jpg
※画面はW.Yossy氏作のPC-9801版『SameGame』

『さめがめ』のルールは次の通りである。

ゲームを開始すると、色とりどりのコマが画面上に敷き詰められており、同じ色のコマが2つ以上つながっていれば、そこを選択して消すことが出来る。
より多くのコマが繋がっていれば高得点を得ることができる。
コマが消された後、上に乗っているコマは下に落ち、縦一列が消えた場合は左詰めされる。
消せるコマが無くなったらゲーム終了となる。

samegame_01.jpg
・コマの配置はランダムに決定される

samegame_02.jpg
・同じ色のコマが繋がっていれば選んで消すことが出来る

samegame_03.jpg
・コマを消すと、上のコマが落ちてくる。これを利用するのが高得点のコツ

制限時間などは無いので、じっくり腰を落ち着かせてプレイすることができる。

また、『さめがめ』のカスタマイズ機能として、コマの絵柄を作成・変更することが可能になっている。
このため、当時流行したアニメのキャラクターのものなど、様々なコマのデータがパソコン通信上で公開された。

samegame_04.jpg
・コマの選択画面

『さめがめ』の特徴はそのルールのシンプルさにある。
さらに、ハイスコアを狙う際はコマの消し方に頭を働かせる必要があり、パズルゲームとしての奥深さも併せ持っている。
『さめがめ』は老若男女を問わず広く受け入れられ、それを象徴するかのように様々な機種のコンピュータに移植された。
また、第3回フリーソフトウェア大賞・アミューズメント部門の受賞作品となり、フリーゲームの単純なパズルゲームでありながら攻略本が刊行され、果てはハドソン社によってスーパーファミコン・ゲームボーイに移植されるという一大センセーションを巻き起こした。

samegame_05.jpg
・ハドソンSFC版『鮫亀』。衛星放送サービスに対応し、メモリーカードで駒を変更できる

そう、『さめがめ』は「商品化されたフリーゲーム」の先駆けともいうべき存在なのである。

2000年以降、フリーゲームやインディーズゲームが家庭用・業務用のゲームと肩を並べるだけの技術力がついたことで急速に注目を集めるようになったが、個人製作のゲームがムーブメントを起こし、大きく発展するのは別に今に始まったことではない。
特に『さめがめ』登場の1990年代前半当時は、家庭用・業務用ゲームと個人製作ゲームとは開発力の差が開いている時期で、そのような時期でありながら『さめがめ』は大きな注目を浴びていたのだ。

そしてそれは、「個人製作」「無料」であることから来る卑下した言説が事実無根であり、ありとあらゆるビデオゲームと対等に並び評され、世界の視線に耐えうるだけの物を『さめがめ』が、フリーゲームが持っているという何よりの証明に他ならない。



・関連リンク
いんたーもりすけ(原作『ChainShot』作者のサイト。『さめがめ』シリーズ一覧あり)
http://www.asahi-net.or.jp/~ky6k-mrb/

ED's Homepage (Windows用『ぷーさめ32』)
http://homepage3.nifty.com/edshp/

うさちゃんのホームページ (Macintosh用『まきがめ』)
http://www.ne.jp/asahi/ken/home/

さめがめ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%82%81%E3%81%8C%E3%82%81


スポンサーサイト

テーマ:無料ゲーム紹介 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/06/29(金) 22:28:31|
  2. フリーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アンディー・メンテ:不可解なる存在 | ホーム | X Operations:一人称視点射撃への挑戦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://frgrgnd.blog99.fc2.com/tb.php/26-3a9d6686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tacashi

Author:Tacashi
E-Mail:tacashi11@hotmail.com
ゲームを通じることでしか言葉を紡げない不器用な男

"but, I'm still a gamer."

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーゲーム関連リンク

Vector
窓の杜
フリーソフトで面白いゲーム まとめページ保存版
フリーソフトで面白いゲーム まとめサイト (frgm.jp)
PCで出来る2Dシューティング(STG)総合スレまとめページ
おまえら土日までに一本ゲーム作るスレ - ほぞんサイト
ふりーむ!
フリーゲーム夢現
ケセラセラ
サニーガール
フリーソフト超激辛ゲームレビュー
newStage
同人ど~らく
Acid-Play
Freeware Games.net
Fullgames.sk
Lithium Leaf
the2bears.com
TIGsource
IndieGames.com - The Weblog
IndieFAQs

月別アーカイブ

ブログパーツ

あわせて読みたい




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。