自由遊戯黙示録

フリーゲーム/インディーズゲームをディープに語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Future Pinball:辿り着いた究極、微かに残る未来

ビデオゲームが生まれる以前、電子機器を使ったアーケードゲームと言えばピンボールのことであった。
また、ビデオゲーム誕生後も多くのビデオゲームメーカーがピンボールのビデオゲーム化を行ってきた。
ビデオゲームの歴史を知るものならば、その影にはピンボール・マシンがあったことを忘れてはならない。

そんな思いを込めて、今回は3Dピンボール・シミュレータ『Future Pinball』を紹介したい。

future_00.jpg


ビデオゲームのピンボールといえば、任天堂『カービィのピンボール』などのように「ボールを弾いて敵を倒す」タイプのゲームが主流であり、弾道などもアバウトなものだった。
より弾道をリアルにシミュレーションし、実際のピンボールをルールを模して「様々な役を完成させて得点を競う」という本格的なビデオ・ピンボールは、KAZe社の『ラスト・グラディエイターズ』『ネクロノミコン』を待たなければならなかった。

そして、『Future Pinball』はそうしたビデオ・ピンボールの更に先を行く。
まずは黙って、この画面を見ていただきたい。

future_01.jpg


future_02.jpg


future_03.jpg


従来のビデオ・ピンボールではゲームを行う盤面のみを表示するスタイルだったのに対して、『Future Pinball』では筐体そのものからシミュレーションして表示している。
当然、あらゆる角度から筐体を見ることが可能となっており、これだけでも圧倒されるほどの迫力がある。

また、肝となる弾道計算にも抜かりはない。
『Half-Life 2』に使用されたHavokエンジンに代表されるように、高度な物理演算処理の搭載がゲーム開発におけるトレンドのひとつとなっているが、『Future Pinball』はその恩恵を強く受けたのである。
緻密な物理演算によって実物のピンボールをプレイしているかの如き臨場感を味わうことができる。
実台では、たとえ同じようにボールをピンで弾いたとしてもスピンなどの影響が加わり、全く同じようにボールが飛翔することは無いが、それと同様の事がゲーム内でも起こるのだ。

future_04.jpg
・プレイ中はボールの”重さ”を感じることができる

更に飽き足らないことに、ピンボールを遊ぶのみならず、ピンボール台をユーザー自身によって設計することが可能となっている。
設計機能も豊富で、Visual Basic風のスクリプト言語を搭載しており、様々なイベントを作ることができる他、ビットマップ形式で設計した台の青写真を出力できる機能が備わっているほどの懲りようである。

future_05.jpg
・設計画面。バンパーやレーンを設置していくことができる

future_06.jpg
・台をワイヤーフレームで見る

当然、他のユーザーが作成したピンボール台をフォーラムなどからダウンロードして遊ぶこともできるため、『Future Pinball』にはまさしく無限の未来が広がっている。

マシンに強力な性能を要求することになるとはいえ、『Future Pinball』は究極のヴァーチャル・ピンボールと言って差し支えないだろう。



さて、現在、ピンボールを巡る状況は絶望的と言わざるを得ない。

実物のピンボール・マシンはビデオゲームの発展とそれに伴う競合、スコアのインフレーション等に代表されるルールの複雑化で衰退し、電子部品のメンテナンスに手間が掛かることも重なってその数を急速に減らした。
メーカーも次々と撤退・倒産し、2007年現在、ピンボール・マシンを製造しているのは世界でStern Pinball社ただ1社となり、ピンボール・マシンは天然記念物も同然となってしまった。

pinball.jpg
・Stern社のピンボール・マシン『Lord of the Rings』。同名の映画が題材

『Future Pinball』の製作者が、こうしたピンボール・マシンの状況を踏まえたうえで、どういう意図を持ってこのピンボール・シミュレータに"Future"と名前を付けたのかは分からない。
しかし、ピンボール・マシンを追い立てたビデオゲームの中にこそピンボールの未来がある、というのはなんとも皮肉な話ではある。

だが、そのビデオ・ピンボールにおいても、長らくWindowsに付属し、多くの人々がピンボールを知るきっかけになったであろうピンボールゲーム『3D Pinball 'Space Cadet'』が、次世代WindowsであるWindows Vistaには収録されないこととなった。

pinball_2.jpg
・『Space Cadet』。元々はMaxis社の『Full Tilt! Pinball』の台のひとつ


…もはやピンボールが完全に忘れ去られる日も、そう遠くはないだろう。

そのような状況の中でも、『Future Pinball』は果敢に、そして確かにピンボールの未来を繋ごうとしている。



・関連リンク
Future Pinball
http://www.futurepinball.com/

Future Pinball Release - Unofficial Tables list
http://fprelease.free.fr/

Future Pinball Wiki
http://wikiwiki.jp/fpin/

ピンボール - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB

針球競技法 開眼之巻 (ピンボールのテクニック集)
http://oxyz.hp.infoseek.co.jp/archives/plaza2.mbn.or.jp/~pinball/flipper/basic/playtips/shin.htm


スポンサーサイト

テーマ:無料ゲーム紹介 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/07/18(水) 00:48:00|
  2. フリーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<Chalk:チョークと黒板の距離感 | ホーム | Pendulumania:マウス操作の妙>>

コメント

4Gameでも紹介されていましたね。

面白そうと思いWinVistaにFuture Pinball、Ver1.920081225をインスト。
その後各種テーブルを何個かダウンロードして、tableにファイルを放り込んで.playTableを試したのですが、台が一台も動かない状態です。
エラーでまくりでまったく動かないか、台のロード途中で動かなくなるか。
ロードができても、視点変更と台を揺らす以外の操作が全く効きません。

なにか、追加が必要なのでしょうか?
それとも私の操作手順が間違っているのでしょうか?
  1. URL |
  2. 2009/09/06(日) 08:32:59 |
  3. a #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://frgrgnd.blog99.fc2.com/tb.php/29-745f2a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tacashi

Author:Tacashi
E-Mail:tacashi11@hotmail.com
ゲームを通じることでしか言葉を紡げない不器用な男

"but, I'm still a gamer."

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーゲーム関連リンク

Vector
窓の杜
フリーソフトで面白いゲーム まとめページ保存版
フリーソフトで面白いゲーム まとめサイト (frgm.jp)
PCで出来る2Dシューティング(STG)総合スレまとめページ
おまえら土日までに一本ゲーム作るスレ - ほぞんサイト
ふりーむ!
フリーゲーム夢現
ケセラセラ
サニーガール
フリーソフト超激辛ゲームレビュー
newStage
同人ど~らく
Acid-Play
Freeware Games.net
Fullgames.sk
Lithium Leaf
the2bears.com
TIGsource
IndieGames.com - The Weblog
IndieFAQs

月別アーカイブ

ブログパーツ

あわせて読みたい




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。