自由遊戯黙示録

フリーゲーム/インディーズゲームをディープに語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガスト:今一度、ゲームと向き合うということ

かつて僕らは”ゲーマー”だった。
その言葉は、今ではもはや時代遅れの古臭いものとして”オタク”の中に埋もれていったように思う。


『洞窟物語』で全世界を震撼させた開発室Pixelが、次に送り出した作品が『ガスト』(Guxt)である。

guxt_00.jpg


『ガスト』はショットのみで全5面を戦い抜くオーソドックスタイプの縦スクロールシューティングゲームである。
アイテムを取ることで攻撃タイプが切り替わり、オート連射が効くようになる。

guxt_01.jpg
・撃つ、避ける。これぞ正統派シューティング

guxt_02.jpg
・後ろからも敵は出現する。アイテムで装備を切り替えて対抗せよ

また、敵キャラクターやステージ構成に様々なギミックが盛り込まれており、レトロ感溢れるドットグラフィックとPCM風サウンドに加えて、「隠しキャラ」の存在が1980年代的である。

guxt_03.jpg
・同作者の『いかちゃん』が友情出演

guxt_04.jpg
・隠し武器のロケット砲。ボス攻略に絶大な威力を発揮する

guxt_05.jpg
・倒したボスのコアからシールドが入手できる。攻略上、非常に重要

難易度はやや低め。最初の残機は少ないがエクステンド(残機UP)の回数が多い。
場面に応じた武器の選択が分かってしまえばクリアはさほど難しくない。
シューティングをやってみたいが、弾幕系はちょっと気が引ける、という人にはうってつけだろう。


しかし、『ガスト』において全面クリアはただのスタートラインでしかない。

『ガスト』の真価が全面クリア後のスコアアタックモードにあることは明白だ。
スコアアタックモードでは自機が撃破された時点ですぐさまゲーム終了となるため、一度ゲームをクリアしたことで積んだ知識と経験、そして鍛えた反射神経がものをいう真剣勝負と化す。
また、一度やられてしまえばそこで終了となるということは、復活の概念もまた存在しない。
わざと撃破されて再開ポイントまで戻り、改めて敵を倒すことで得点を稼ぐ手法を使うことは出来ないのである。

guxt_06.jpg
・真の戦いはここから始まる

初心者にとってはノーミス自体が挑戦であり、上級者にとってはノーミスはできて当然のものとして”更に先”を目指す必要がある。

スコアアタックモードの存在は”一発でクリアしろ”という挑戦状であり、それは同時に”一発でクリアできる”という回答そのものでもある。
さながら「打てば響く」と言わんばかりのアピールではないか。
プレイヤーの方が赤面してしまうほどに全てをさらけ出し、真っ直ぐな眼差しで『ガスト』は見つめてくるのである。

guxt_07.jpg
・『ガスト』で登場する敵キャラクター達は全て目玉をあしらっている

『ガスト』がノーガードで来たからには、プレイヤーとしてはこれを全力で打ち倒しに行くほか無い。

『ガスト』が思い出させるものは、ドット絵やPSG風音楽といった所から連想される安易な8ビットへのノスタルジアでは決して無い。
時代が進み、技術や演出が進歩したことでゲームから真っ先に失われた、
製作者とプレイヤーの間で交わされる言葉無きキャッチボールを取り戻したのだ。

『ガスト』の製作者は、かつて自分が遊んできたゲーム達に対する敬意と研究、現代的な配慮、そして大いなる情熱を持ってこの『ガスト』を完成させた。
そして”ゲーマー”と呼ばれることの無くなった新旧全てのゲーム・プレイヤー達へ、静かに問いかけ続けている。


ならば、僕らは今一度、ゲームそのものと真正面から向き合うべきなのだ。


ストーリー、キャラクター、ビジュアル、サウンド、難易度…
現代ではインターネットの上において、ゲームを巡るひがんだ言説ばかりが先走るようになってしまった。
しかし、本来もっと真剣に、あるいは素直に、喜怒哀楽の様々な想いを乗せてゲームを楽しむことができたはずなのだ。
かつてファミリー・コンピュータが出現した時、そうであったように。

「たかがゲーム」と人は言う。
だが僕は「たかがゲーム」にすら真剣に取り組むことができない軽薄な人々を呪い、そして、
「たかがゲーム」だからと言って妥協することをしない、その真摯な態度こそを愛してやまない。

媚びを売ることを覚えてしまったクリエイター達に、ゲームに遊ばれることに慣れてしまったプレイヤー達に、『ガスト』を直視できるだけの勇気が残っているだろうか?



もう止めにしよう。
今すぐブラウザを閉じてゲームパッドを握れ。

それが、信ずべきものを失い、言葉が溢れ使い捨てられていくこの世界の中で、
言葉を持つことを許されなかった僕らが唯一持ちうることのできるコミュニケイションなのだから。



・関連リンク
開発室Pixel
http://hp.vector.co.jp/authors/VA022293/

Guxt High Scores
http://hiscore.codroid.com/

スポンサーサイト

テーマ:無料ゲーム紹介 - ジャンル:ゲーム

  1. 2007/07/26(木) 00:09:21|
  2. フリーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<がんばれ!菜月さん!:発想の連鎖の先に向かって進め! | ホーム | 洞窟物語:フリーゲーム史上最高傑作>>

コメント

過去に・・・

俺のブログに訪問記録あったので来てみました^^
過去にいかちゃんはまりました^^;
いかちゃんクリア後開発室Pixelさんのことを忘れていたんですが、この記事見て思い出し、ガストと洞窟物語たった今DLしました^^
これから遊んでみようと思います^^
  1. URL |
  2. 2007/07/28(土) 08:47:46 |
  3. 真陽 #8Q4sB/cc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://frgrgnd.blog99.fc2.com/tb.php/32-2e1567cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tacashi

Author:Tacashi
E-Mail:tacashi11@hotmail.com
ゲームを通じることでしか言葉を紡げない不器用な男

"but, I'm still a gamer."

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーゲーム関連リンク

Vector
窓の杜
フリーソフトで面白いゲーム まとめページ保存版
フリーソフトで面白いゲーム まとめサイト (frgm.jp)
PCで出来る2Dシューティング(STG)総合スレまとめページ
おまえら土日までに一本ゲーム作るスレ - ほぞんサイト
ふりーむ!
フリーゲーム夢現
ケセラセラ
サニーガール
フリーソフト超激辛ゲームレビュー
newStage
同人ど~らく
Acid-Play
Freeware Games.net
Fullgames.sk
Lithium Leaf
the2bears.com
TIGsource
IndieGames.com - The Weblog
IndieFAQs

月別アーカイブ

ブログパーツ

あわせて読みたい




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。