自由遊戯黙示録

フリーゲーム/インディーズゲームをディープに語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第10回 Independent Games Festival 受賞作品 速報

アメリカ西海岸時刻で2月20日、
インディーズ・ゲーム最大の祭典であるIndependent Games Festivalの第10回 授賞式が
ゲーム開発者向けカンファレンスGame Developers Conference内にて行われた。

最終選考作品・受賞作品の一覧はIndependent Games FestivalのWebサイトにて確認できる。
また、GameSetWatchIndieGames.comなど、各メディアでも受賞式の結果について取り上げられている。

当サイトでも、IndieGames.comの速報を元に各受賞作品を紹介する。


○Seumas McNally Grand Prize ($20,000)


最終選考作品:
Audiosurf
Crayon Physics Deluxe
Hammerfall
Noitu Love 2: Devolution
World of Goo


大賞にあたる"Seumas McNally Grand Prize"には、Engadgetなど各所で話題となった
Crayon Physics Deluxe』が堂々の受賞となった。

『Crayon Physics Deluxe』は、ペンで画面に丸・四角・階段などをを描きこむと、物理法則にしたがって移動するのを利用して、赤いボールを星の元まで辿り着かせることが目的のパズルゲームである。
公式ウェブサイトでムービーを見れるほか、プロトタイプである『Crayon Physics』をダウンロードすることができる。



タイトル通りのクレヨンを主体としたグラフィックが知育的な雰囲気をかもし出していると同時に、近年のゲーム開発におけるトレンドである「物理演算」と「タッチペン」を融合させた、完成度の高い作品となっている。
商業ゲームメーカーがタッチペンを持て余し、旧来型ゲームのリメイクや実用系ソフトを乱発する中で、純粋な”タッチペンを活かしたゲーム”を見事に実践してのけた。

この『Crayon Physics Deluxe』や、昨年公開されたフリーゲーム『Chalk』など、インディーズゲームにおいてもタッチペンを活用したゲームが模索され始めている。
今後の動向のひとつとして注目である。




○Best Web Browser Game ($2,500)


最終選考作品:
Globulos.com
Iron Dukes
Tri-Achnid


ウェブブラウザ・ゲーム部門では『Iron Dukes』が受賞となった。
蒸気機関の時代を舞台に科学者兼トレジャーハンターが活躍するミニゲーム集で、ガンシューティングやダイビングをプレイすることができる。




○Design Innovation Award ($2,500)


最終選考作品:
Battleships Forever
Fez
Fret Nice
Snapshot Adventures: Secret Of Bird Island
World Of Goo


革新的デザイン賞には、『World Of Goo』が選ばれた。

『World Of Goo』は「Goo」という名の黒いグミ状生物を使い、塔や橋を倒壊しないようにバランスを取りながら建築して、Goo達を導いていくゲームである。
どこか不気味でコミカルな雰囲気を漂わせた作品となっている。


World of Goo Gameplay Trailer
by 2dboy


『World Of Goo』は2008年にWindows,Linux,Macの各PCにてリリースが予定されている。
また、プロトタイプバージョンの『Tower of Goo』がフリーでダウンロード可能である。




○Excellence In Visual Art ($2,500)


最終選考作品:
Clean Asia!
Fez
Hammerfall
Synaesthete
The Path


ビジュアル・アート部門では、横スクロールタイプのアクションゲーム『Fez』が受賞となった。

一目見て飛び込んでくるのは『洞窟物語』を思わせる可愛らしいピクセルアート。
更に、『スーパーペーパーマリオ』の「次元ワザ」のように、横スクロールアクションの視点と3次元視点をダイナミックに切り替えて進めていく点が特徴的である。









○Excellence In Audio ($2,500)


最終選考作品:
Cinnamon Beats
Fret Nice
Audiosurf
Clean Asia!
OokiBloks


サウンド部門では、『Audiosurf』が選出された。

『Audiosurf』はリズムゲーム・レーシングゲーム・パズルゲームの3つの特性を併せ持ったゲーム。
音楽のリズムに合わせてブロックが流れてくるので、ブロックにロケットで体当たりして地面に埋め、同じ色で3つ繋がりにすると得点になる。
様々な音楽ファイルを読み込ませることでコースが自動生成されるのが最大の特徴。
また、インターネットを通して楽曲のダウンロードや、スコアランキングへの参加も可能となっている。




○Technical Excellence ($2,500)


最終選考作品:
World of Goo
Goo!
Audiosurf
Axiom: Overdrive
Gumboy Tournament


技術部門には、『World of Goo』が選ばれ、Design Innovation Awardと合わせて2冠と相成った。

この『World of Goo』においても、物理演算が各所で利用されており、Goo達の自然な動きを高い技術力で裏打ちしている。
特に、Gooで構成された塔がバランスを崩し、よじれながら倒壊していく様は圧倒的だ。





○Best Student Game ($2,500)


最終選考作品:
Crayon Physics Deluxe
Empyreal Nocturne
Galaxy Scraper
Gesundheit!
Mayhem Intergalactic
Poesysteme
Polarity
Ruckblende
Synaesthete
The Misadventures Of P.B. Winterbottom
Flipside (Half-Life 2 Modification)
Foamzilla (UT2004 Modification)


学生部門の最優秀賞に輝いたのが『Synaesthete』。

『Synaesthete』は、ゲーム開発専門学校DigiPen Institute of Technologyの生徒4名によって製作されたゲームで、上見下ろしタイプのアクションゲームに『ビートマニア』を混ぜたようなゲームになっている。
ジャンル同士の合成になんとも無茶があるが、そこがまた学生らしい勢いを感じさせる。
公式サイトからゲーム本体のダウンロードが可能。








○Audience Award ($2,500)

投票部門では、Webサイトからの人気投票によって受賞が決定される。
投票部門には次の11タイトルが選出された。


Goo!
Clean Asia!
Gumboy Tournament
Snapshot Adventures: Secret of Bird Island
Globulos.com
Tri-Achnid
Audiosurf
Fret Nice
Synaesthete
Iron Dukes
Battleships Forever


このうち、見事栄冠を勝ち得たのは『Audiosurf』。
Excellence In Audioと合わせての2冠達成となった。

『Audiosurf』は先週2月15日から、Valve社のインターネット決済システムSTEAMにて9.95米ドルで販売中である。
STEAM販売版ではValve社とのコラボレーションとして『The Orange Box』のサウンドトラックが付属している。
高い評価を得た『PORTAL』のエンディングテーマ「Still Alive」ですぐさまサーフできる、というわけである。

この『Audiosurf』の最大の特徴である「自分の好きな曲を取り込んでプレイする」点が、人々に人気を博している一因と思われる。
動画投稿ウェブサイトでは、早くもプレイヤー達によって様々な楽曲に合わせて『Audiosurf』をプレイしている動画がアップロードされている様子だ。


なお筆者は『Fret Nice』に1票を投じた。
「ギターコントローラで横スクロールアクションゲームをプレイする」という、そのあまりにもバカバカしいアイデアが筆者の心をガッチリ掴んで離さなかったのである。
通常のゲームコントローラでプレイするには、いささか骨の折れる代物であったが…






○Gleemie Award

本賞の位置付けとしては「スポンサー特別賞」といったところであろうか。
今回のIndependent Games Festivalのプラチナ・スポンサーであり、
ゲームポータル「Greemax」を運営していると共に、
トレーディング・カードゲームの元祖的存在『Magic: The Gathering』を開発した事で知られている
Wizards of the Coast社によって選出されるのが"Gleemeie Award"である。

Gleemeie Awardには、次にノミネートされた7タイトルの中から上位3タイトルが選出される。


World of Goo
Crayon Physics Deluxe
Skyrates
Depths of Peril
Quadradius
Desktop Tower Defense
Polarity


受賞作品は以下の通り。
いずれもウェブブラウザからプレイ可能なゲームとなっている。

・Gleemeie Award 3rd($2000)
第3位は『Quadradius』。
FLASHベースの2人対戦型ボードゲームで、”オーブ”を入手することで使用可能となる
多種多様なパワーアップを駆使して勝負を繰り広げる。

・Gleemeie Award 2nd($3000)
第2位は『Skyrates』。
空の海賊”空賊”となり、冒険と戦いを繰り広げる。
戦闘は全方位シューティングとなっているほか、キャラクターに様々なスキルを習得できるRPG風の成長要素や交易の要素がある。

・Gleemeie Award 1st($5000)
栄えある第1位に輝いたのは『Desktop Tower Defense』。
一種のリアルタイム・ストラテジー・ゲームで、様々なタイプの砲台を建築して、大量に押し寄せてくる敵に陣地を突破されないように迎え撃つ…
と、こんな説明をしなくとも、もはやウェブブラウザ・ゲームの中では1ジャンルを築いてしまった有名作品である。




また、今年からは携帯ゲーム部門である「Independent Games Festival Mobile」も新設された。
こちらの紹介は記事が長くなりすぎる都合上割愛するが、興味のある方はぜひ公式サイトの方をチェックしていただきたい。


スポンサーサイト

テーマ:無料ゲーム紹介 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/02/21(木) 21:45:32|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フリーゲーム・プレイヤーのためのツール集 | ホーム | Aquaria:遥か海を越えて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://frgrgnd.blog99.fc2.com/tb.php/42-d79c7e72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tacashi

Author:Tacashi
E-Mail:tacashi11@hotmail.com
ゲームを通じることでしか言葉を紡げない不器用な男

"but, I'm still a gamer."

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーゲーム関連リンク

Vector
窓の杜
フリーソフトで面白いゲーム まとめページ保存版
フリーソフトで面白いゲーム まとめサイト (frgm.jp)
PCで出来る2Dシューティング(STG)総合スレまとめページ
おまえら土日までに一本ゲーム作るスレ - ほぞんサイト
ふりーむ!
フリーゲーム夢現
ケセラセラ
サニーガール
フリーソフト超激辛ゲームレビュー
newStage
同人ど~らく
Acid-Play
Freeware Games.net
Fullgames.sk
Lithium Leaf
the2bears.com
TIGsource
IndieGames.com - The Weblog
IndieFAQs

月別アーカイブ

ブログパーツ

あわせて読みたい




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。