自由遊戯黙示録

フリーゲーム/インディーズゲームをディープに語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧型パソコンのフリーゲームをWindowsにて動作させる(3):PC-9801編

『PC-9801』シリーズは、1982年から約15年にわたってNEC社が発売していたパーソナル・コンピュータである。
Windowsが普及するまでは、日本国内では「国民機」とまで呼ばれるほどの爆発的なシェアを誇っていた。
それゆえ残されているソフトウェア資産も非常に多く、日本国内のパソコンゲーム文化の形成にも大きく影響した。
フリーゲームにおいても、Bio_100%をはじめとする作家達がこのPC-9801シリーズで作品を制作していた。


PC-9801用ソフトウェアをWindows上で動作させるには、下記のものを用意する。

・PC-98エミュレータ
 代表的なPC-98エミュレータとしては、『T98-Next』、『Neko Project 2』、『Anex86』などが挙げられる。
 なお、これらは実機のBIOSを用意せずとも動作可能である。

・オペレーティングシステム
 正規の「PC-9801用MS-DOS」が用意できれば一番良いが、現在では入手は困難と思われる。
 そこでPC-98用MS-DOSと互換性のあるフリーDOS『GR-DOS』、『FreeDOS(98)』 などを利用する。
 ただし互換DOSでは、全てのソフトが動作するとは限らない点に注意すること。
     
・ディスクイメージ作成用ツール
 PC-98エミュレータ上では「ディスクイメージ」でデータを遣り繰りする。
 ディスクイメージを操作するために『DiskExplorer』を利用する。

その他、実機で利用していたフロッピーディスクを利用したい場合、
1.2Mbyteフォーマットのフロッピーディスクを読み込むことのできるドライブを用意し、
エミュレータ用ディスクイメージへの変換作業をする必要がある。



○ゲーム用ディスクイメージを作成する

1.『DiskExplorer』、互換DOS、ゲーム本体をそれぞれダウンロードし、解凍しておく。
ここでは互換DOSとして『FreeDOS(98)』、ゲームはオニオンソフトウェア『ザルバールの蒸留塔』を利用して解説する。
『FreeDOS(98)』をインストール済みのディスクイメージは以下のWebサイトにて入手可能である。

与太ラボ MS-DOSを用いずにPC98のゲームを動かす
http://yotama.blog84.fc2.com/blog-entry-3.html

2.『DiskExplorer』を起動。
3.『DiskExplorer』で『FreeDOS(98)』の入っているディスクイメージを読み込む。

t98next_01.jpg
・ディスクイメージ(HDDImage.HDI)を読み込んだところ

4.メニューバーの「ファイルリスト(F)」から「外部ファイルの書込(I)」を選択。
  ゲーム本体のファイルを指定し、ディスクイメージにゲームファイルを書き込む。

t98next_02.jpg
・ゲームファイルを選択する

t98next_03.jpg
・ファイルがディスクイメージ内に追加される


○自動起動バッチファイルを作成する

ディスクイメージ内に自動起動バッチファイルを作成しておくことで、
ゲームを起動する際、コマンドプロンプトからゲームのコマンド名を入力する手間を省くことができる。

5.メモ帳を開く。
6.ゲームの実行ファイル名を記述する。

t98next_04.jpg
・ここでは「zar」とだけ入力

7.ファイルを「autoexec.bat」の名前で保存する。

t98next_05.jpg
・「autoexec.bat」を保存する。ファイル形式に注意

8.『DiskExplorer』を使い、ゲーム用ディスクイメージに「autoexec.bat」を書き込む。


○『T98-Next』にてゲームを起動する

9.『T98-Next』を起動。
10.「運用」タブ、「DISK」タブを選択する。
11.ランプ横の枠をクリックし、ゲーム用ディスクイメージを選択する。

t98next_06.jpg
・ディスクイメージを指定する

12.「電源」ボタンを押してエミュレーションを開始する。

上手くいけば、ゲームが自動的に立ち上がるはずだ。

t98next_07.jpg
・『ザルバールの蒸留塔』が起動したところ


Webサイト「ひよりの家」にて『T98-Next』や『DiskExplorer』の利用法が解説されているので、そちらも参考にするとよいだろう。



フリーゲームに関しては、ソフトウェア・ダウンロード・サイトVectorのMS-DOS用ソフトウェアのコーナーから探すことができる。
また、『鋼鉄銃娘』や『メタ女』など、PC-9801用ディスクイメージが公開されている同人ゲームも存在する。




※エミュレータについての説明は、下記Wikipedia記事を参照して下さい。
  エミュレータ (コンピュータ) - Wikipedia

※免責事項
  市販ソフトウェアやBIOSの違法なコピー(インターネット上でのアップロード・ダウンロードを含む)は
  著作権法の侵害となり、刑事罰などが科せられる可能性があります。
  あくまでも合法的な範囲でのエミュレータの利用を心掛けてください。
  この記事によっていかなる損害を負った場合であっても、本記事の筆者は関知いたしません。

スポンサーサイト
  1. 1995/01/01(日) 00:00:03|
  2. 不定期コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Bio_100%:フリーゲームの伝説 | ホーム | 旧型パソコンのフリーゲームをWindowsにて動作させる(2):DOS/V編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://frgrgnd.blog99.fc2.com/tb.php/45-58e57e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tacashi

Author:Tacashi
E-Mail:tacashi11@hotmail.com
ゲームを通じることでしか言葉を紡げない不器用な男

"but, I'm still a gamer."

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーゲーム関連リンク

Vector
窓の杜
フリーソフトで面白いゲーム まとめページ保存版
フリーソフトで面白いゲーム まとめサイト (frgm.jp)
PCで出来る2Dシューティング(STG)総合スレまとめページ
おまえら土日までに一本ゲーム作るスレ - ほぞんサイト
ふりーむ!
フリーゲーム夢現
ケセラセラ
サニーガール
フリーソフト超激辛ゲームレビュー
newStage
同人ど~らく
Acid-Play
Freeware Games.net
Fullgames.sk
Lithium Leaf
the2bears.com
TIGsource
IndieGames.com - The Weblog
IndieFAQs

月別アーカイブ

ブログパーツ

あわせて読みたい




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。