自由遊戯黙示録

フリーゲーム/インディーズゲームをディープに語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Karoshi:憤死上等

フリーゲームを取り扱った言説では、「商業用ゲームには見られることのない表現が成されている」という点が、フリーゲームの最大の特徴としてよく挙げられている。
そしてその特徴の多くは、ゲームシステムやグラフィック、世界観の独創性として表れる。

しかし時として、時事的な犯罪事件などを題材にした、ある種の社会性を持ちあわせたゲームが作られることがままある。
1995年に発生したオウム真理教による「地下鉄サリン事件」をシミュレートしたゲームや、1999年に米国コロンバイン高校で発生した銃撃事件を題材として物議を醸し出した『Super Columbine Massacre RPG!』などがその代表例と言える。

このような「不謹慎ゲーム」の類は、概ね悪趣味な意図の下で製作されており、当blogで取り上げるには不適切な作品が大半であろう。
だがそうしたゲームの中にも驚くべき作品が潜んでいることもある。


karoshi_00.jpg
Jesse Venbrux『Karoshi』。

『Karoshi』、そう"過労死"である。
一体何故"過労死"なのだろうか?

確かに"Karoshi"は、古くは"Ninja"や"Sushi"、近年なら"Manga"などのように、日本発祥の固有文化として認知され、国際的に通用する単語となっている。
しかし、たとえそのことを念頭においたとしても、"過労死"というネガティブな要素を含む日本語で名付けられたゲームが、日本国外から世に発表されたという、その事象自体がまず、日本人として生まれ育ち、会社勤めをしている筆者にとっては衝撃以外の何物でもなかったのである。


karoshi_01.jpg
・『Karoshi』を開始すると、そこにはスーツ姿のサラリーマンがひとり

さて弱った。
このゲームは一体どんなルールで、先へ進むためには果たして何をすればよいのだろうか?
説明書を見ても操作方法程度の情報しか記載されておらず、全くゲームプレイの参考にならない。
とりあえず画面内のサラリーマンが操作できるようなので、あれこれ操作することにすると…

karoshi_02.jpg
・剣山に落っこちてしまった!

karoshi_03.jpg
・あれ、何やら画面が切り替わった…


そう、本作におけるステージクリアの条件とは「サラリーマンを自殺させる事」なのである。
ステージが進むにつれて、スイッチなどのパズル的な要素や、素早いアクションを要求されるシーンが登場し、「如何にしてサラリーマンを自殺へ導くか」に頭を捻ることになる。

karoshi_04.jpg
・鉄製コンテナは足場や重しとして使える

karoshi_05.jpg
・床にある赤いスイッチは○ブロックを出したり消したりする

karoshi_06.jpg
・拳銃を取ると銃弾が撃てるようになる。勿論、自殺用だ


自殺でクリアというエキセントリックなルールとは対照的に、やるべきことはシンプルで、頭脳と反射神経の双方を程よく要求される。
ところが、パズルの完成度の高さに舌鼓を打っているところで、悶絶死しかねないほどに不条理な展開の数々がプレイヤーに襲いかかる。

karoshi_07.jpg
・どう考えてもクリア不可能に見える「K」のステージ。一体何をしろと?

karoshi_08.jpg
・一見して楽勝そうに見えるが、実は…

『Karoshi』は見た目以上に挑戦的な内容のアクション・パズル・ゲームなのである。


筆者は『Karoshi』をプレイしているうちに、パズルを解くのに知らず知らずのうちにに熱中し、人を食った理不尽な展開に憤慨し、進行に行き詰まり躍起になってWebで攻略方法を漁りだし、そして不意にあるひとつのことに気が付いた。
いや、気が付いてしまった。

自分が、いつの間にか「部下を過労死に追い込む上司」になりきってしまっている、ということに。

本作では、プレイヤーは画面内に存在する無理難題のために、サラリーマンをあの手この手で酷使し、そして遂にはサラリーマンを死に至らせる。
これはひょっとすると、現実社会で起きている過労死の構造、まさにそのものではないだろうか―――
自分が過労死の被害者ではなく、加害者の立場に居るのだという事に気付いた瞬間、言いようの無い空恐ろしさを筆者は感じたのである。

お前は何食わぬ顔で他人を間接的に殺し得るのだ、と。

突きつけられてしまったものは、余りにも重い。


『Karoshi』というゲームの中には、言葉や映像で直接的に社会問題を提示するのではなく、社会問題が発生する仕組みをゲームシステムに置き換えて構築し、プレイヤーにそれを追体験させるという、コンピュータ・ゲームならではの風刺表現が存在している。
センセーショナルな事象の尻馬に乗っただけのものではなく、恒久的な"構造"こそを捉え、再現し、浮き彫りにしているのである。
このような点もまた、コンピュータ・ゲームというメディア、中でもとりわけ自由な表現が活発に行われているフリーゲームの持っている可能性のひとつだと言えるのではないだろうか?


『Karoshi』は全編にシュールさが散りばめられた作品でもある。
本作をプレイした人の中には、そのシュールさを自身とは全く関係のない外部の物として茶化す人もいるだろう。
そして、たかだか1本のコンピュータ・ゲームにここまで想像力を働かせる筆者の事を一笑に伏す人も、きっと居てくれることだろう。

しかしそれでも、筆者には『Karoshi』を笑い飛ばすことは、もう出来なくなってしまったのだ。


○関連リンク

Karoshi Game
http://www.karoshigame.com/

venbrux.com
http://www.venbrux.com/

auntie pixelante > the jesse venbrux interview
http://www.auntiepixelante.com/?p=253

過労死 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E5%8A%B4%E6%AD%BB

不謹慎ゲーム - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E8%AC%B9%E6%85%8E%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

地下ゲームセンター
http://www.hehehe.net/game/

スポンサーサイト

テーマ:無料ゲーム紹介 - ジャンル:ゲーム

  1. 2008/09/24(水) 23:45:17|
  2. フリーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<Cactus:サイバネティック潮流 | ホーム | The Spirit Engine:バトル・プレイング・ゲーム>>

コメント

↑WTF!?
  1. URL |
  2. 2009/06/21(日) 19:17:58 |
  3. #JalddpaA
  4. [ 編集]

初めて書き込みます。いつも見に来てます。これからも遊びにきます☆
  1. URL |
  2. 2008/10/28(火) 14:30:31 |
  3. #-
  4. [ 編集]

ただの反日ゲームだよ。
  1. URL |
  2. 2008/10/02(木) 02:31:17 |
  3. 猫の人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://frgrgnd.blog99.fc2.com/tb.php/54-b752a822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tacashi

Author:Tacashi
E-Mail:tacashi11@hotmail.com
ゲームを通じることでしか言葉を紡げない不器用な男

"but, I'm still a gamer."

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーゲーム関連リンク

Vector
窓の杜
フリーソフトで面白いゲーム まとめページ保存版
フリーソフトで面白いゲーム まとめサイト (frgm.jp)
PCで出来る2Dシューティング(STG)総合スレまとめページ
おまえら土日までに一本ゲーム作るスレ - ほぞんサイト
ふりーむ!
フリーゲーム夢現
ケセラセラ
サニーガール
フリーソフト超激辛ゲームレビュー
newStage
同人ど~らく
Acid-Play
Freeware Games.net
Fullgames.sk
Lithium Leaf
the2bears.com
TIGsource
IndieGames.com - The Weblog
IndieFAQs

月別アーカイブ

ブログパーツ

あわせて読みたい




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。