自由遊戯黙示録

フリーゲーム/インディーズゲームをディープに語る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Iji:ラスト・アクション・ヒロイン

最強アクション、降臨。


iji_story01.jpg
ある日、少女"Iji"は父親の勤める軍事基地を訪れていた。

iji_story02.jpg
それはいたって平穏な日常、の、はずだった。

iji_story03.jpg
しかし突如として空から降り注いだ閃光が、全てを引き裂いた。



―――時は経ち、地下の奥深く。

iji_story04.jpg

昏睡状態にあるIjiと、それを取り囲む科学者達。
科学者達は傍らで眠る少女についての議論を繰り交わしている。
だがそれは慌てた様子で打ち切られ―――

iji_story05.jpg
やがてIjiが目覚めたとき、

iji_story06.jpg
彼らは、全員殺害されていた。

途方に暮れるIjiに、スピーカー越しに呼びかける声が聞こえてくる。
通信は弟の"Dan"からのものだった。
そしてDanの口からは、にわかには信じられないような事が次々と伝えられる。

iji_story07.jpg


軍事基地が異星人"Tasen"により攻撃を受けたこと。

生き残った科学者らが、侵略者に対抗するための切り札として
Ijiにナノマシンによる強化手術を施したこと。

Tasen達が"Alpha Strike"と呼ばれる、更なる大規模攻撃を計画していること。

自分たちが生き残るには、Tasenの指揮官に会い、直接撤退を促すしかない、ということ…


iji_story08.jpg

ナノマシン技術を結集した武器"Nano Gun"を手に取り、
決死の思いでTasenの指揮官の元に辿り着いたIji。
ところがIjiは、そこで新たな侵略者集団"Komato"の存在を知ることになる。

iji_story09.jpg

人類、Tasen、Komato、
3つ巴の戦いとなり事態が混迷を極める中、Ijiは戦闘を終結させるべく奔走する―――




Daniel Remar作『Iji』は横スクロールタイプのアクション・ゲームである。

iji_00.jpg


そう、”アクション・ゲーム”なのである。これは本作にとってとても重要なことだ。

iji_01.jpg
・ゲーム画面

ゲーム画面上のキャラクターたちは一見して、書き込みの甘い、のっぺりとした2Dグラフィックスで描かれているように見える。
実はこれは手描きのいわゆる”ドット絵”ではなく、3Dポリゴンでモデルとモーションを作成し、それを2Dに落とし込む、というプリ・レンダリング方式が取られている。
映画『エイリアン3』の流体アニメーション技法、ならびにEric Chahi『Another World』(※邦題『アウターワールド』)から着想を得たというこの手法により、継ぎ目の無い滑らかなアニメーションを実現しているのである。

是非、下記のトレイラー・ムービーを参照してほしい。

・Iji Trailer (YouTube)


歩く、撃ち合う、蹴る、伏せる、ジャンプする、よじ登る、爆発で吹っ飛ばされる。
登場人物たちが繰り出す一挙一動は、いかなる言葉よりも遥かに雄弁に物を語る。
アクション映画が俳優による華麗なアクションで観客を魅了するように、アクション・ゲームである『Iji』は、まずその本分たるアクションこそをもってプレイヤーを魅了する。

本作『Iji』は、まごうことなき”アクション・ゲーム”なのである。




『Iji』では異星人に占拠された軍事基地の中を探索し、出口を目指すことが目的となる。
軍事基地は全10ステージ構成で、各ステージは「Sector(セクター)」と呼ばれる。
Sector内のあちらこちらには異星人が巡回しており、時には彼らの目を盗みながら、また時には戦闘を行いながら先へ進まなければならない。

iji_02.jpg
・エレベーターで階層間を移動

iji_03.jpg
・異星人に加え、突如現れる自動砲台がIjiの行く手を阻む

また、一部のSectorではゴールした後にボスが待ち構えていることがある。
ボスはこちらからの攻撃が通用しにくく、弱点を探らなければ撃破はおぼつかない。

iji_04.jpg
・素早い動きで幻惑してくる忍者。どうすれば奴を捉えられる!?

『Iji』における戦闘の特色として、敵味方共に攻撃のほとんどが「キャラクターの目の高さ」でやりとりされるという点がある。
特に自機の「ジャンプ撃ち」「しゃがみ撃ち」の不在は、一般的な横スクロールタイプのアクションゲームを遊び慣れているとストレスに感じる部分かもしれない。
しかしこれは「立っている時は攻撃」「ジャンプ・しゃがみは回避」とアクションが明確に切り離されているということでもある。

iji_05.jpg
・敵の銃撃を物陰で凌ぎ…

iji_06.jpg
・合間を縫って立ち上がり、すかさず反撃

iji_07.jpg
・再度物陰に隠れ、次弾装填。不思議と銃撃戦の雰囲気が伝わってくる

撃っては避け、避けては撃つ、というメリハリが『Iji』のアクションのキレの良さを強調しているのである。




ナノマシン・サイボーグであるIjiは、ナノマシンによって更なるパワーアップを図ることが可能だ。
敵を倒した際などに出現する青いナノマシンを吸収することで経験値が溜まり、経験値が上限一杯になるとレベルアップし、成長のためのポイントを得られる。
Sector途中にあるステーションを使うことで、成長ポイントを消費して能力値を成長させられる。

iji_08.jpg
・ナノマシンを吸収してレベルアップ

iji_09.jpg
・レベルアップしただけでは無意味。ステーションで強化を行おう

成長させられる能力値には「HEALTH(体力)」、「ATTACK(攻撃力)」、「ASSIMILATE(体力回復量や所持弾数に影響する)」といった基本的な能力の他に、ゲーム展開に大きく影響する4つのパラメータが存在している。

そのうちの2つが「STRENGTH(キック力)」と「CRACK(ハッキング能力)」になる。
基地の中には「キックで蹴り破る扉」と「ハッキングにより開錠する扉」の2種類の扉が存在しており、それぞれに対応した能力値が上がっていなければ開くことができない。
レベルの高い扉を開けることができれば、大幅なショートカットが可能になったり、アイテムが豊富な場所へ進むことができるなど、基地を探索していく上で非常に有利になる。

iji_10.jpg
・キック炸裂!…って、パワーが足りないみたいです

iji_11.jpg
・ハッキング中。画面下の回路上に点滅するマーカーを、スタートからゴールまで誘導する

さらにもう2つが「TASEN」と「KOMATO」である。
これはそれぞれの異星人が使用している武器への精通度を表し、値が高ければ高いほど基地に点在している異星人の武器を吸収して使用できるようになる。
(Tasenの武器が番号1~4、Komatoの武器が番号5~8に対応している)
入手した武器は更に、武器ステーションでのハッキングを行うことで、2つの武器を合成し新たな武器を作成することができる。

iji_12.jpg
・TASENのオーソドックスな「ROCKET LAUNCHER」

iji_13.jpg
・武器ステーションを利用するにはCRACKが必要

iji_14.jpg
・3連装「SPREAD ROCKETS」が完成!

Ijiが最初に持っている武器は射程が短く、威力もさほど無いショットガンのみであり、戦闘を少しでも有利に進めるためには武器を入手していくほかは無い。
また、ロケットランチャーを使って脆くなった壁を破壊するなど、探索の面でも特定の武器が必要になるケースがある。

Ijiの成長のさせ方次第でゲーム展開は多様に変化していく。
特に高難易度のモードでは、1Sectorあたりのレベルアップできる最大数が制限されるため、「どの能力値を育てるのか」を考慮する必要が出てくる。
成長要素の存在が『Iji』に戦略性を与え、ゲームプレイをより奥深いものにしているのである。




『Iji』にはアドベンチャー要素が豊富に盛り込まれている。
SFアクション映画を思わせるストーリー展開、様々なシークレットも『Iji』を彩る特徴だ。

本記事の冒頭で紹介したようなカットシーンはステージクリア時に挿入され、本作に映画的な印象を与えている。
また、基地の各所にはメッセージ・レコーダーが残されており、様々なバックグラウンド・ストーリー、敵と戦う上でのヒント、あるいは隠されたエリアへの進入方法などといった情報を知ることが出来る。

iji_15.jpg
・メッセージログへのアクセス

さらには各Sectorに隠されている「ポスター」や「リボン」などのコレクション・アイテム、各種エクストラ・オプションなど、隠し要素の枚挙には暇が無い。
隠しエリアへ到達するためには、ハッキング、各種武器、そして時には敵までも活用せねばならず、一筋縄ではいかないものになっている。

iji_16.jpg
・各所に張られたポスター。集めたポスターはエクストラ・オプションで鑑賞可能

iji_17.jpg
・道々に置かれている小さなリボン。どうやらIjiの縁者の所持品らしいが…

iji_18.jpg
・同作者の『Hero』をベースとしたおまけゲーム『Hero 3D』。


また、Iji自身の行動によるいくつかのストーリー分岐が存在している。
中でも大きく展開が変化するのが、異星人達を極力殺さずに先へ進む「平和主義者」(pacifist)スタイルによるプレイである。

iji_19.jpg
・異星人達の様子が…?

ゲームクリア後にはクリアタイムや敵の撃破数、ハッキング指数などが表示されるため、様々な記録に挑戦する遊び方もある。
アクションを極めるもよし、ストーリーを追いかけるもよし、探索を楽しむもよしと、『Iji』のプレイスタイルはまさにプレイヤー次第といえる。
そして『Iji』は多様な楽しみ方のひとつひとつに、驚きと、確かな手応えを返してくれるのだ。




『Iji』はフリーウェア・アクション・ゲームの最高峰のひとつである。

その完成度の高さの裏側にあるものは、4年という長きにわたる開発期間と、公開後にも続けられているバージョン・アップの存在だ。
しかし筆者は、「Ramer Games」のロゴの傍に添えられた年号を見て、自主制作ゲームの開発期間が年々長期化する傾向にあることを危惧している。


例えば、『Iji』と同じくフリーウェア・アクション・ゲームの最高峰のひとつである開発室Pixel『洞窟物語』で5年、同人サークルSITER SKAINのシューティング・ゲーム『RefleX』に至っては8年という膨大な歳月が掛かっている。
自主制作ゲームの開発では、商業ゲーム開発のように「資金」「人員」をかけることが出来ないため、ゲームの質・量・密度を高めていく上での資源は必然的に「時間」のみとなる。
結果として、家庭用ゲーム機の世界であれば次世代のゲーム機が登場するほどの時間が1本のゲーム製作に費やされているわけである。

ゲーム作家が1本の作品の製作に注力することで、公開される作品数が減少し、それがひいてはフリーゲーム界隈の全体的な盛り下がりに繋がるのではないか、という懸念がある。
また、長期にわたる開発が疲弊を生み、ゲームの完成後、場合によってはゲームの完成を待たずして作家が燃え尽きてしまうといったことも考えられる。

商業ゲームの世界では、ゲームマシンの高性能化に伴って開発費や開発期間が肥大化し、採算が取れなくなりつつある、ということがしきりに叫ばれている。
フリーゲームにおいても、同じような動脈硬化が発生し得るのではないだろうか?
フリーゲームの”大作化”が進行し、フリーゲーム特有の”身軽さ”が失われていきはしないだろうか?

筆者の一抹の不安が、杞憂であることを願うばかりである。




○関連リンク

Daniel's base
http://www.remar.se/daniel/

Iji Secret Stuff guide
http://www.shockedfrog.com/ijifaq.txt

Planet Freeplay interviews: Daniel Remar, developer of Castle of Elite
http://www.planetfreeplay.com/interview/24/

Interview: Daniel Remar, Iji | Bytejacker
http://www.bytejacker.com/blog/interview-daniel-remar-iji

4Gamer.net ― インディーズゲームの小部屋:Room#64「Iji」
http://www.4gamer.net/games/040/G004096/20081105020/


スポンサーサイト

テーマ:無料ゲーム紹介 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/12/23(水) 00:35:56|
  2. フリーゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<更新停止 | ホーム | WARNING FOREVER:繰り返される付与の果ては>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://frgrgnd.blog99.fc2.com/tb.php/69-d7b805ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Tacashi

Author:Tacashi
E-Mail:tacashi11@hotmail.com
ゲームを通じることでしか言葉を紡げない不器用な男

"but, I'm still a gamer."

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーゲーム関連リンク

Vector
窓の杜
フリーソフトで面白いゲーム まとめページ保存版
フリーソフトで面白いゲーム まとめサイト (frgm.jp)
PCで出来る2Dシューティング(STG)総合スレまとめページ
おまえら土日までに一本ゲーム作るスレ - ほぞんサイト
ふりーむ!
フリーゲーム夢現
ケセラセラ
サニーガール
フリーソフト超激辛ゲームレビュー
newStage
同人ど~らく
Acid-Play
Freeware Games.net
Fullgames.sk
Lithium Leaf
the2bears.com
TIGsource
IndieGames.com - The Weblog
IndieFAQs

月別アーカイブ

ブログパーツ

あわせて読みたい




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。